クラミジアの感染を知る
注目記事

性感染症になる主な原因

ギクシャクしたカップル

性感染症になる主な原因は、名前の通り性行為です。しかし、これを性器と性器の接触に限ると勘違いしている人も多いのが現状です。浮気の定義も人それぞれですが、性器どうしの接触がなければ浮気ではないと思っていたり、風俗での性行為は浮気ではないと考えている人も結構います。浮気の定義についてはカップルで話し合えば良い事なのですが、現実的には性的な接触はもちろん、性器どうしの接触でなくても性病はうつります。また、性病に感染しても殆ど自覚症状がなく知らぬうちにパートナーにまで性病をうつしていることもあるわけです。特に昨今のように一生のうちに複数のパートナーと非連続的にでも性行為を経験するのが普通だという風潮になった世の中では、以前付き合っていたパートナーから感染した病気を次に付き合うパートナーにうつしてしまうようなことも十分に考えられるわけです。

具体的には、クラミジアや淋病、コンジローマやヘルペス、梅毒やエイズやB型肝炎などはオーラルセックスでも感染します。クラミジアと淋病はキスでも感染します。この他の性病も、口の中の状態などによっては感染の危険があります。感染してもすぐに自覚症状が出れば治療を考える人も多いのでしょうが、実際にはほとんどの性感染症で、潜伏期は無症状だったり、あるいはそれ以外の時期でも症状がないことも多いのです。感染者の多いクラミジアなどは、女性感染者の8割は無症状だと言われていながら、不妊や子宮外妊娠に発展する可能性のある病気です。

なお、クラミジアやエイズの検査は自宅でできるので、もし少しでも可能性を感じたら検査キットを買ってみましょう。その他に一般的な病気であるヘルペスの場合、バルトレックスなどの薬を使えば、ウイルスの増殖を防ぐことができます。初期のうちに診察を受け、こうした薬を飲めば比較的軽い症状で病気を押さえ込むことができるので、早期発見早期治療を心がけることが大切なのです。

感染症は性病だけではない

医師に発熱を訴える女性

感染症と定義されるのは性病だけに限りません。例えば、性病以外にも肝炎があります。この病気は、何らかの原因で肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称です。日本ではウイルス性による肝炎が80%を占めて、特にA、B、C型が多く見られます。

最も多いB型肝炎の場合、ウイルスに感染し、肝炎を起こします。垂直(母子)及び性行為感染で感染するため、性感染症のひとつとも分類されます。但し、致死的な劇症肝炎にならなければほとんどの人が治癒します。感染した大多数の人は無症状で経過しますが、発症した場合は微熱、食欲不振、倦怠感、黄疸などの症状が出ます。
一般的には安静にすることで、次第に回復して行きますが、黄疸や食欲不振などの症状がある場合には入院が必要です。時には、薬を使うこともあります。治療が遅れた場合は、稀に劇症化することがあります。C型肝炎の場合はC型肝炎ウイルスが血液を介して感染し、肝炎を起こします。身体がだるい、食欲不振、発熱など風邪のような症状を経て、発症するのが一般的です。

C型肝炎の場合、安静が最も大事で、食事療法、抗炎治療法や抗ウイルス剤の投与など患者の病状に合わせて行います。C型肝炎の治療が遅れた場合、症状自体はそれほど重くは無いのですが、感染者の7割が慢性化します、肝硬変から肝がんへ移行する可能性があります。感染症は性病だけではないと言う事に気をつけなければなりません。

免疫力で性病を防げるのか

ガッツポーズをする健康的な女性

免疫力で性病を防げるのかについて説明します。免疫力が高い状態でも性病を100%防ぐ事は困難ですが、高い確率で防ぐ事は可能になってきます。
性病の原因は多くがウイルスです。ウイルスとは免疫力が弱い人ほど身体の中に侵入しやすい特性を持ちます。従って、免疫力が強い、弱いなどの状態によって感染確率は変わってきます。上記の理由から、免疫力を高める事は、性病の予防効果としては十分効果が期待できるという事です。

逆に、免疫力が弱っている状態の時は、性病になるリスクも高いので性病を防ぐためには免疫力が弱い状態の時に性行為をしないという事が大切になってきます。免疫力を高めるためにはまずは健康でいる事が重要です。常に体調が良い状態をキープするようにします。
そのためには、しっかりとさまざまな栄養を補給して運動して体力をつけたりする事も日ごろから意識するようにします。また、身体に害が及ぶ物は摂取しないようにします。
もちろん、ストレスをためない事や十分な休憩をして身体を休める事も免疫力を高めるためには重要です。

性感染症には、カンジダ症や性器ヘルペス等の免疫力が低下によって発症する病気が存在します。通常の健康状態では何も問題も存在しないのに、ストレスや睡眠不足、過労などで免疫力が低下すると発症しやすくなる性感染症も多数あります。