女性が気を付けるべき危険な病気トリコモナス

性病は男女共に気を付けたい病ですが、女性は性器に損傷を受けると妊娠出産に大きく関わりますので、尚更注意したいものです。中でも女性が気を付けるべき病気はトリコモナスです。トリコモナスとは原生生物であり、感染した場合、性トリコモナス症を発症させます。
人目では見る事が出来ないサイズの原虫が膣に入り込む病です。膣だけではなく、子宮頚管や膀胱などにも感染する事があります。基本的には炎症を起こすものですが、なかには悪臭や下腹部の痛みを起こすものもあります。

こうした病気からHIVなどの感染リスクが上がると言われておりますので、病気にかかった際は必ず病院に行って診てもらうようにしましょう。毛ジラミなどの性感染症と同じように、原虫による性感染症は性行為を経なくとも人にうつる場合があります。トリコモナスに感染した人が使ったタオルや浴室の椅子を共有した場合にうつるケースがありますので、女性は気を付けるようにしましょう。

予防としては、トリコモナスに感染している疑いのある人に近付かない事、タオルなどを共有しない事が上げられます。他にも、感染者との性行為は避ける事、また性行為が避けがたい場合はコンドームを使用するだけでも感染率が低下すると言う説もあります。

男性の場合、尿道から膿のようなものが出る、排尿時の軽い痛み、性器の違和感などの症状があります。このトリコモナス感染症を放置することで、原虫が増殖を続け、生殖器の炎症が悪化します。女性の場合、不妊症になったり早産の危険を高めたりします。なお、治療薬としては、ニトロイミダゾール系薬剤のメトロニダゾールやフラジールが広く用いられています。男性の場合は、1週間~10日間ほど経口投与が行われます。女性の場合は、膣洗浄を行い、経口投与あるいは膣錠、もしくは双方の併用を10日間行います。

重篤な副作用の発現率は稀ですが、服用量を守らず大量に服用したり、長期に服用した時、中枢神経障害や末梢神経障害を起こしやすくなってしまう事があります。