性感染症に効果を発揮するクラビット

クラビットはキノロン系に分類される抗菌薬の一種です。抗菌薬とはその名の通り菌に対抗する薬なのですが、菌と言ってもクラビットが効果的なのは細菌です。その他の菌である真菌には余り効果を発揮せず、またウイルスに関しても効果的とは言えません。真菌やウイルス感染症にかかった場合は別の薬を選ぶべきです。

クラビットの特徴的な効果は細菌の増殖に必要な蛋白質のもとになる核酸の合成を阻害する事です。細菌感染症の殆どは体内に入り込んだ細菌が増殖することによって発症し悪化して行きます。但し、クラビットを服用すれば細菌の増殖を抑えられ症状が緩和されて行きます。また細菌と言っても生物であることは確かですから一つの個体が永久に生き続けるということはありません。増殖を抑えてしまえば細菌の量は減少して回復に向かうことになります。

この様に、クラビットは様々な細菌感染症に対して広く処方される薬ではありますが、特に性感染症に対する治療薬をして、その名を知られています。細菌感染によって引き起こされる性感染症にはクラミジアなどがあり、そうした症状に対してクラビットは非常に有効に作用することが分かっています。

一般的に副作用はかなり少ない薬として扱われており、基本的にはどのような人であっても利用することが可能です。但し、もし服用して発疹や下痢が続くなどの症状がみられた場合には、なるべく早い段階で医師に相談して服用の継続の可否について判断してもらうようにしてください。また、以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある方、腎機能障害、心疾患(不整脈、虚血性心疾患など)、てんかんなどの痙攣性疾患または既往歴がある方、重症筋無力症の方及び小児は、必ず医師に相談する必要があります。妊娠又は妊娠している可能性がある方及び授乳中の方は、自身のみならず胎児にも悪影響を与える可能性がありますので、利用には注意が必要です。

上記以外でも気になる症状が発生した場合は、必ず医師または薬剤師に相談してください。